買うかどうかということ

 何かを売るときに、「それは高い」と言って、値段を下げることがあります。それは必要な感覚ですが、下げすぎるのも考え物かと思うのです。模擬店をしていて思ったのですが。自分のところと同じメニューを出しているところがあるとする。向こうは200円だ。こっちは300円だ。これはたぶん勝てない。じゃあ200円にしよう、というのは非常に危険な気がします。200円にした途端に、モチベーションがだだ下がりで、「まあ安くしたし」という慢心が生じるからです。200円にするよりも、300円に見合う商品をつくるほうが戦い方としてはいいのではないかと思います。追従値下げってどうなのかな、と思った大学祭での経験です。いや、リアルの商売とはかなりいろいろ違いますけどね・・・。