「婚活」時代

 ゼミの発表用に読了。派手な表紙にこのタイトル、外で読むのがはばかられる。山田先生の研究と白河氏の妄想(失礼)ワールドな感じ。山田先生にデータで証明されると痛いのを、白河氏がザクザク一刀両断にして、全体としていいバランスになっているような気がする。データだけだとつらいばっかりで読めないものも、類型的な評論を混ぜることによって中和している。・・・むむむ、2文書いても白河氏に否定的な感じになってしまうが、別に否定したいわけではありません・・・!