風に桜の舞う道で

風に桜の舞う道で (新潮文庫)

風に桜の舞う道で (新潮文庫)

予備校の時の友達が、10年ぶりに出会うという話。『風に桜の舞う道で』読了。最近、「友人が〜年ぶりに出会う」という話にやたら惹かれて仕方ないんですがこれは何だ。よっぽど故郷に帰りたいんでしょうか。現在からの逃避?10年前と現在をうまくシンクロさせてあり、展開が小気味いいです。しかし、10年前の描写に比べて現在の物語の広がりに物足りなさも感じます。この物足りなさも含めて、かなりリアルなのかもしれませんが・・・。