初音ミクとTBS

TBSのバラエティ番組での初音ミクの取り上げ方に関して批判がありますが、TBSはもうちょっと「自分たちが『オタク』とくくっている世界で何が起こっているか」を調べてみるといいんじゃないかなと思います。視聴率確保に追われる一番組の制作陣にそれを要求するのは酷かもしれませんので、会社的にでもいいですが、いったい何をやっていて、何をつくろうとしているのか、研究してみるともっとうまい取り上げ方、利用の仕方があるのではないかという気がするのです。これはTBSに限ったことではないですが、テレビ業界的に「オタク」とくくってしまい、それを嘲笑するか、ディープだなぁと遠巻きから眺めるか、ぐらいしか取り扱い方を知らないのはもったいないのではないかと思うのです。これは、オタクの一般化が進んでいると感じるからなのですが。